Carve House

Carve House
2018.11

施主からの要求としては、「明るい家と庭」「小さな子供たちが庭で遊ぶ家」「緩やかな南向き斜面地に宅地開発が行われ、戸建住宅が密集してエリアエリア。ありふれたすべて当たり前の条件のようであるが、周辺の住宅を見渡してみると、おおらかく近いような要望で建てられたにも関連したにも関連した、北側に駐車場を並べる、小さな開口部に近いためまた、敷地いっぱいに建てられるため、せっかくの斜面地でも道路から空を見上げることができない。
ここで私たちは、東側に駐車スペースを兼ね備えたニワを設け、そのニワに合わせて大きく開口を設けた。
このニワは光と風、そして緑の景色を常に「この家」と「このまち」に保証する都市の余白である
南側は将来隣家が迫って建てられる とが予想されるため、一階には開口を設けず、二階を空に向かって大きく開いた形状とした
敷地の奥に行くほど大きな開口とすることで、プライバシーと開放性を両立している。
また、シンプルなつくりとしつつも二階の床レベルをずらして配置し、その隙間から通風と採光を確保するとともに、斜面地である街の運動を生活の中に持ち込んでいる
ウチとニワに光と風が充足、空と光を取り戻し前面道路は、子供たちの格好の遊び場となった。

Location : 横浜、神奈川 Kanagawa, Japan
Program : 住宅 Residence
Total Floor Area : 93 m2
© Photography by : Masao Nishikawa
© Model Photo, Drawing by : Torao + Hsieh Architects