In-Between

In-Between
2021-12

高雄市立美術館より招待を受け、コンテナアートフェスティバルに出展した作品。
高雄市は世界第三の港を擁し、多くのコンテナ船が日々行きかっている。
日常的にコンテナに囲まれている都市であるため、そのイメージを変容したいと考え、コンテナが持っている箱感、閉鎖感、固さを、いかに柔らかで、開かれたものに出来るかを試みた。
色々な方向を向いて分散配置されたコンテナ達は、自らの壁面の一部を屋根へと姿を変え、繋がり、荷重や自然環境を共有する。コンテナを増やせば、次々に拡張可能であり、そこは、人々が集まり、時には一人でゆっくりと思考にふけることが出来る場所となる。
展覧会の度に消費されるコンテナ及び大量の資材に疑問を感じ、我々の提案では、新たに廃棄物を増やさないことを自ら課し、「新たな資材を加えない」「展覧会終了後のコンテナ本体を再利用する」「その他副資材も循環資源のみとする」ことをルールとして、素材選定や構造計算、ディテールを工夫している。

A work exhibited at the Container Art Festival invited by the Kaohsiung Museum of Art.
Kaohsiung City has the third largest port in the world, and many container ships come and go every day.
To change Kaohsiung’s image of having surrounding containers on a daily basis, we tried to re-organize container’s boxed subconscious of hard & closed image to soft & opened image.
Distributed in various directions, containers transform part of their wall into roofs, connecting & sharing the load and natural environment among each other.
It can be expanded one after another by increasing the number of containers, where people can gather and sometimes slowly indulge in thoughts alone.
We were skeptical about large amounts of containers and materials consumed in each exhibition. Not to increase the amount of wastage, we proposed imposing ourselves rules of “not to use new materials”, “reusing the container body after exhibition”, “using only recycled resources for other auxiliary materials” in terms of material selection, structural calculation, and details.

date : 2021-12
Location : 高雄、台湾 Kaohsiung, Taiwan
Program : パビリオン Pavilion
© Model Photo, Drawing by : Torao + Hsieh Architects